クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018シーズン㉑

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers 2017-2018 シーズンの21試合目です

昨日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの試合に勝利して8連勝を記録したクリーブランド・キャバリアーズ。シーズン成績は13勝7敗、イースタン・カンファレンス3位です。

今日の試合はホームにマイアミ・ヒートを招いての戦いです。ヒートと言えばかつてレブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドが所属していたチームです。当時のヒートBIG 3と言われたレブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドクリス・ボッシュを筆頭に最強のチームでした。惜しくも3連覇は達成できませんでしたが、2年連続でNBAチャンピオンになりました。懐かしいですね。
今日の試合はレブロンウェイドにとってはきっと思い入れのある試合だと思います。

キャブスは連勝をすることができたのでしょうか・・・

日本時間2017年11月29日水曜日に行われたクリーブランド・キャバリアーズのNBA2017-2018シーズン21試合目の模様と試合結果をお届けします。

※この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」でも放送されました。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してみてください。

Miami Heat vs Cleveland Cavaliers
@ Quicken Loans Arena,Cleveland,OH

<Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2017/11/28/Tue/07:00PM(日本時間2017年11月29日水曜日午前9時

試合結果(スコア)

マイアミ・ヒート(A)97 vs 108(H)クリーブランド・キャバリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
MIA 24 25 25 23 97
CLE 35 40 18 15 108

試合ハイライト(動画)

まとめ

なんと言っても今日はケビン・ラブでしたね。最初から絶好調だったケビン・ラブ!第1クォータだけで22得点、トータル38得点を記録しました。3ポイントショット成功率も8本中4本を決め50%。勝利に大きく貢献しました。その他、古巣との試合だった2人、レブロン・ジェームズが21得点、ドウェイン・ウェイドが17得点を記録しました。
キャブスは無難な試合運びで勝利を収めましたが、こんな場面がありました・・・

レブロン・ジェームズがキャリア初退場処分

第3クォータ残り約2分のところで、レブロン・ジェームズが審判に食ってかかり退場を宣告されてしまいました。彼にとってこれがキャリア1082試合目にして初めての退場処分となりました。退場処分は不名誉なことですが逆をとれば、今までのキャリアで退場処分を受けてこなかったことは賞賛に値すると思います。

ことのきっかけは、ヒートジェームズ・ジョンソンがレイアップをしようとしたところをレブロン・ジェームズが上手くスティールし、そこからレブロンは自分でボールを運びシュートまで行ったが、そこまでの間ずっとジョンソンの厳しいディフェンス(まーこれがファウルかまたはファウルすれすれのディフェンスだった)に阻まれシュートを決めることができず、審判に当たってしまったという流れです。

レブロンは試合後は冷静で「チームが勝ったことが一番重要だ」と特に退場処分を気にすることもなかった。

まーとにかく勝利できてよかったです。レブロンにはこの鬱憤を次の試合で晴らしてもらいたいですね。

では、また次回。

GO CAVS GO!!!!!

NEXT GAME

クリーブランド・キャバリアーズ(A)VS(H)アトランタ・ホークス(今季4勝16敗)
@ フィリップス・アリーナ(ジョージア州アトランタ)

<Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地アトランタ時間
2017/11/30/Thu/07:30PM(日本時間2017年12月01日金曜日午前9時30分
※この試合は「WOWOW」で12月1日(金)午後12時30分~録画放送されます。詳しくはこちらのリンクを参照してみて下さい。
スポンサーリンク
広告