クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン㉙

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers 2017-2018 シーズンの29試合目です

先日、連勝が13でストップしてしまったクリーブランド キャバリアーズ。連勝が途絶えたことで精神的にあとを引くか心配しておりましたが、その後はここまで2連勝中で心配無用でしたね。連勝中に勝ち続けることへのプレッシャーとも戦かったおかげで精神的にもタフになりました。シーズン序盤はなかなか波に乗れなかったキャブスですが、ようやくチームがひとつにまとまり、また1人ひとりが頼もしくなりました。

さて今日の試合はホーム、クイックン・ローンズ・アリーナロサンゼルス レイカーズを招いての一戦です。レイカーズは現在10勝16敗、ウェスタン・カンファレンス11位(日本時間12月14日現在)でまずは5割復帰を目指しているところです。

レイカーズの話題といえばやっぱり新人ポイントガードのロンゾ・ボールLonzo Ball)ですね。いろいろプレイスタイルについて騒がれていますね。攻めの姿勢がないという批判や逆にチームプレイを重視しているという彼を擁護する意見と様々です。しかし、彼はまだルーキーで20歳です。期待しすぎるのもいかがかと・・・。
ロンゾ・ボールは今年のドラフトで全体2位でレイカーズに指名され入団しました。生まれも育ちもロサンゼルスのため、昔から地元レイカーズを見て育ったボールはドラフト前から「レイカーズ以外のチームでプレイするつもりはない」と公言していました。その為ドラフトで1位指名権を持っていたフィラデルフィア 76ersはボールを指名しなかったとも言われています。そしてレイカーズがボールを2位指名し相思相愛のかたちでボールが念願のレイカーズに入団できたことが話題になりました。
そしてもう一つ、ロンゾ・ボールと言えばあの独特なシュートフォームですね。あのシュートフォームは賛否両論ありますが、選手皆それぞれ特徴があるので個人的には特に賛成も反対もありません。結果が出れば良いんです。外野の声に惑わされることなく気にせずプレイしてもらいたいですね。まだ20歳ですのでまだまだこれからの選手です。見守りましょう。
そして今日の試合ですがロンゾ・ボールの憧れのプレイヤー、レブロン・ジェームズと一緒にプレイです。ボールはレブロンを「世界最高の選手」と称えており、またレブロンも「ボールはすばらしいプレイヤーで才能もある」と称えています。

お互いに称えあっている両者の対戦も楽しみですね。

キャブスは勝って3連勝となるのでしょうか・・・

日本時間2017年12月15日金曜日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018シーズン29試合目の模様と試合結果をお届けします。

Los Angeles Lakers vs Cleveland Cavaliers
@ Quicken Loans Arena,Cleveland,OH

<Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2017/12/14/Thu/08:00PM(日本時間2017年12月15日金曜日午前10時

<放送および視聴方法>
この試合は「NBA League Pass」に加入すれば録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してみてください。

併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

ロサンゼルス・レイカーズ(A)112 vs 121(H)クリーブランド・キャバリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LAL 26 34 26 26 112
CLE 24 39 31 27 121

試合ハイライト(動画)

まとめ

どーもー、マック・シンです。

今日も勝ちました!これで3連勝のクリーブランド キャバリアーズ
これで今季対戦成績21勝8敗としイースタン・カンファレンス2位をキープしています。

試合は前回のアトランタ ホークス戦に続き、ボールが良く回っていました。その証拠にキャブスは合計15本の3ポイントショットを記録。中でもさえていたのがスペイン代表のポイントガード、ホセ・カルデロンが5本の3ポイントショット(合計17得点を記録)、そしてケビン・ラブが4本の3ポイントショット(合計28得点、11リバウンドを記録)をそれぞれ決め勝利に貢献しました。
そしてもちろんレブロン・ジェームズも絶好調です。25得点、12リバウンド、12アシストを記録しトリプルダブル達成。

一方、色んな意味で注目されているレイカーズのルーキーポイントガード、ロンゾ・ボールは惜しくもトリプルダブル達成とはなりませんでしたが、13得点、8リバウンド、11アシストを記録。ルーキーとしては良くやっていると思います。今日のボールのプレイの中でレイカーズ、NBAだけにとどまらずスポーツ界の英雄、マジック ジョンソンを髣髴させるようなアシストパスが何度かありました。これぞポイントガードという玄人好みのプレイを見せてくれました。ただ、ボールの性格を考えると自分のプレイや成績がいくら褒められても全く気にしていないと思います。なぜなら「チームが勝たなければ何も意味がない」と常々発言をしているからです。ボールはチームのことを常に考えてのプレイを重んじるプレイヤーです。しっかり見方の選手を活かす試合運びを心がけており、決して自分が目立とうとはしません。このプレイスタイルが一部の人から「逃げている」とか「積極性がない」とか批判されているところです。しかしボールのスタイルが本来のポイントガードの役割であることは間違いないので、このまま自分のスタイルを崩すことなく、周りに流されないで自分の思うプレイを続けてもらいたいです。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次の試合(クリーブランド キャバリアーズ)

ユタ・ジャズ(A)vs(H)クリーブランド・キャバリアーズ
@ クイックン・ローンズ・アリーナ(オハイオ州クリーブランド)

<Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2017/12/16/Sat/07:30PM(日本時間2017年12月17日日曜日午前9時30分

<放送および視聴方法>
この試合は「NBA League Pass」に加入すれば生放送で視聴することができます。
詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してみてください。

併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

<ユタ・ジャズの情報>※日本時間12月15日現在
・今季成績13勝15敗
・ウェスタン・カンファレンス9位
・過去10戦6勝4敗

スポンサーリンク
広告