クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018シーズン④

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers NBA 2017-2018 シーズンの4試合目です。

開幕から2勝1敗のクリーブランド・キャバリアーズ
4試合目の相手は、ホームにシカゴ・ブルズを招いての対戦となりました。

クリーブランド・キャバリアーズのNBA2017-2018シーズン4試合目の模様、試合結果をお知らせします。

Chicago Bulls vs Cleveland Cavaliers
@ Quicken Loans Arena

※開催日時は現地時間
2017/10/24/Tue/07:00PM(日本時間10月25日水曜日午前8時)

結果

シカゴ・ブルズ(A)112 VS 119(H)クリーブランド・キャバリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CHI 38 30 24 20 112
CLE 28 37 26 28 119

ハイライト

管理人のつぶやき

どーもー、管理人のMACK SHINですー。
開幕から2勝1敗で迎えた第4戦、シカゴ・ブルズに勝利しました。

シカゴ・ブルズはこのオフシーズン、ジミー・バトラー、ドウェイン・ウェイド、ラジョン・ロンドを失い、若手中心のチームになりました。試合は圧倒的にクリーブランド・キャバリアーズのワンサイドゲームになるかと思いましたが、生まれ変わったブルズが健闘し、白熱した試合になりました。

第1クォーターはスリーポイントシュートを5本決めたブルズに10点のリードを許したが、その後はクリーブランド・キャバリアーズが優勢に立ち、後半に逆転するとブルズに流れを譲らず、勝利を収めました。

アイザイア・トーマスデリック・ローズのポイントガード2枚を欠くなか、ホセ・カルデロンが期待に応えてほしいところ。だが・・・チームはレブロン・ジェームズをポイントガードで先発起用。
ポイントガードで先発するのは10年以上前とのことですが、さすがはレブロン・ジェームズ。難なく自分の仕事をこなし、35得点、13アシスト、ターンオーバーはわずか2回としっかりと目に見える結果も出しました。

レブロン・ジェームズの武器、ドライブで仕掛けて得点。それを止めようとすれば、パスを出しチームメートを活かす。すばらしくゲームをコントロールしていました。さすが!
こういう時こそ頼りになるのが真のエースですよね。

これで3勝1敗となりました。

では、また次回。

NEXT GAME

クリーブランド・キャバリアーズ(A)VS(H)ブルックリン・ネッツ
@Barclays Center,Brooklyn,NY/2017/10/25/Wed/07:30PM

※開催日時は現地時間
日本時間10月26日木曜日午前8時30分

スポンサーリンク
広告