クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン㊻

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの46試合目です。

前の試合、ホーム、クイックン・ローンズ・アリーナでオクラホマシティ サンダーにチームワーストタイの148点を取られて、不名誉な記録をつくってしまい惨敗したクリーブランド キャバリアーズ

キャブスは昨年2017年末から現在までディフェンスが機能しておらず、チーム状態が良くありません。今年2018年に入ってからはディフェンスの内容が良かった試合もありましたが、ほとんどの試合でディフェンスが機能しておらず、ひどい内容の負け方をしています。

これを受けてキャバリアーズのヘッドコーチ、Tyronn Lue(ティロン・ルー)の解任の噂やディフェンスを立て直すためにロサンゼルス クリッパーズのセンター、ディアンドレ・ジョーダンをトレードで獲得するとの噂が流れております。

しかし解任やトレードでチームの入れ替えを行ったとしても、すぐにチーム状態が良くなるとは思いません。なぜなら、今シーズンのキャバリアーズはアイザイア・トーマスをはじめ、ドウェイン・ウェイド、デリック・ローズ、ジェイ・クロウダーなどの新加入選手が多く、ここでさらに新ヘッド・コーチや新加入選手を入れると、チームをまとめるのが非常に難しいと思うからです。しかもすでにレギュラーシーズンも後半戦に突入しており、キャブスが下位に沈んでいるならまだしも、まだプレイオフ圏内の上位にいるため、この時期のチーム体制変更は非常に危険です。

ここまできたら、現状の体制でなんとかチームを立て直してもらいたいところです。

さて今日の試合はアウェイに乗り込んでのサンアントニオ・スパーズとの一戦です。スパーズはここまでの今季成績を30勝18敗、ウェスタン・カンファレンス4位、サウスウェスト・ディビジョン2位(日本時間2018年1月23日現在)とプレイオフに向けて好位置につけております。ただ直近10試合では4勝6敗と苦しい戦いをしております。

一方のキャバリアーズは27勝18敗、セントラル・ディビジョン1位(日本時間2018年1月23日現在)となっております。直近の10試合は3勝7敗で厳しいチーム状態です。

レギュラーシーズンも後半戦に入っており、キャバリアーズ、スパーズの両チームにとってプレイオフに向けてオールスターブレイクまでになんとかチーム状態を建て直し、1試合でも多く勝利を掴みたいところです。

さあ今日の試合、クリーブランド・キャバリアーズはサンアントニオ・スパーズに勝利を収めることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年1月24日水曜日にサンアントニオ・スパーズのホーム、AT&T センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 46試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 サンアントニオ スパーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs San Antonio Spurs
@ AT&T Center,San Antonio,TX

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地サンアントニオ時間
2018/1/23/Tue/07:00PM(日本時間2018年1月24日水曜日午前10時

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)102 vs 114(H)サンアントニオ・スパーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 29 26 26 21 102
SAS 25 38 26 25 114

試合ハイライト動画

まとめ

どーも、管理人のMACK SHINです。

今日も負けてしまいました、クリーブランド・キャバリアーズ。これで2連敗、今シーズン成績は27勝19敗、イースタン・カンファレンス3位、セントラル・ディビジョン1位となりました。

今日の試合は強豪サンアントニオ スパーズとの対戦でしたが、このところ目立つ試合終盤でのミスやディフェンスが機能せず負けてしまいました。

試合は第1クォーターはキャブスジェイ・クロウダーの3ポイントショットなどが冴え、キャブスが試合をコントロール。そしてレブロン・ジェームズも第1クォーターに自身のキャリア通算30,000ポイントを記録し、チームを後押ししました。

しかし、キャブスは第2クォーターに入るとパスミスやバックコートバイオレーションなどのターンオーバーを連発。デリック・ローズが3回、レブロン・ジェームズが2回、ドウェイン・ウェイドJR・スミスが1回づつの計7回のターンオーバーを許してしまい、スパーズにこの第2クォーターを26対38の12点差を付けられ獲られてしまいました。

試合は第4クォーターに入るとキャブスはスパーズに最小4点差まで迫るも、大事なところでまたしてもスパーズに計6回のターンオーバーを許してしまい万事休す、結局12点差で負けてしまいました。

やはりミスが続くとスパーズのような強豪チームに勝つことは難しくなります。ここ最近のキャブスはディフェンスが機能していない上に終盤の大事なところでのミスが目立ち、試合を台無しにしてしまっています。

ディフェンスが機能していないことで相手に簡単にショットを許してしまい、そのせいで集中が切れてしまい、大事なところでミスを犯してしまっていることは明確です。

とにかく1にも2にも、まずはディフェンスです。集中してしっかりディフェンスをすることが勝利に繋がるということを肝に銘じてプレイしてもらいたいですね。

キャブスレブロン・ジェームズが28得点、9リバウンド、7アシスト、そして自身のキャリア通算3万得点を記録アイザイア・トーマスが14得点、ジェイ・クロウダーが13得点を記録しました。

一方勝利したスパーズはラマーカス・オルドリッジが30得点、8リバウンド、ディジョンテ・マレーが19得点、10リバウンド、そしてベテランのトニー・パーカーが14得点、6アシストを記録して勝利に貢献しました。

キャバリアーズは2連敗を喫してしまい、今日の試合を含め直近10試合でわずか3勝と苦戦が続いております。イースタン・カンファレンス4位のマイアミ・ヒートとのゲーム差が0.5、そして3位のキャブスから7位のミルウォーキー・バックスまでは、わずか3ゲーム差(日本時間2018年1月24日現在)しかありませんので、キャブスはオチオチしているとあっという間に下位に転落してしまう可能性があります。

とにかく今はヘッドコーチ解任やトレード等の周囲の噂をシャットダウンして、しっかり1試合1試合がトーナメントのつもりで集中してプレイしてもらいたいところです。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

レブロン・ジェームズ 通算30,000得点達成

30,000 Points in LeBron's Carrer

今日の試合でクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが史上7人目となる自身のキャリア通算3万得点を達成しました。

またレブロンは33歳24日でこの記録を達成しましたのでコービー・ブライアントの34歳104日での達成を塗り替え、史上最年少での記録達成となりました

レブロン・ジェームズ以外の過去のキャリア通算3万得点達成者は以下の通りとなっています。

キャリア通算3万得点達成者 得点数
カリーム・アブドゥル・ジャバー 3万8387得点
カール・マローン 3万6928得点
コービー・ブライアント 3万3643得点
マイケル・ジョーダン 3万2292得点
ウィルト・チェンバレン 3万1419得点
ダーク・ノビツキー 3万0808得点

そしてこちらがレブロン・ジェームズが今日のサンアントニオ スパーズ戦でキャリア通算3万得点を達成した瞬間の動画です。敵地スパーズのホームでの達成でしたが、敵味方関係なくスパーズファンも素直にこのレブロン・ジェームズの記録達成を祝福しており、素晴らしい光景でした

今日の試合にキャブスは負けてしまいましたが、レブロン・ジェームズキャリア通算3万得点到達は素晴らしいことです。このままどんどん得点を積み上げて活躍してもらいたいですね。
Congratulations,Lebron!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

インディアナ・ペイサーズ(A)vs(H)クリーブランド・キャバリアーズ
@ クイックン・ローンズ・アリーナ(オハイオ州クリーブランド)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2018/1/26/Fri/07:30PM(日本時間2018年1月27日土曜日午前9時30分

インディアナ・ペイサーズの情報>※日本時間1月24日現在
・今季成績25勝22敗
・イースタン・カンファレンス6位
・過去10戦6勝4敗
・前回日本時間2018/1/13に行われたキャブスとの試合結果(CLE 95-97 IND)

放送および視聴方法

・この試合は「WOWOW」で試合当日の1月27日(土)午前9時15分~生放送されます。「WOWOW加入」についての詳細はこちらのWOWOW公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告