クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン㊽

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの48試合目です。

先日日本時間2018年1月27日土曜日に行われたインディアナ・ペイサーズ戦に勝利をおさめ、連敗を2で止めたクリーブランド・キャバリアーズ

このペイサーズ戦でキャバリアーズは久しぶりにディフェンスがしっかりできており、オフェンスにも良い流れが出ていました。選手皆がよいムーブをしてボールを回すことで、ペイサーズディフェンスをかき回し、フリーでショットを打てるシーンが目立ちました。久しぶりに調子が良いときのキャブスのバスケットができていましたね。

さて今日の試合はキャブスのホーム、クイックン・ローンズ・アリーナデトロイト・ピストンズを招いての一戦です。

デトロイト ピストンズは現在22勝25敗、イースタン・カンファレンス9位、セントラル・ディビジョン4位、過去10試合で2勝8敗(日本時間2018年1月28日現在)と苦しいシーズンになっています。

キャブスにとってピストンズは、同じイースタン カンファレンス、また同じセントラル ディビジョン、そして調子も良くない相手ですので、絶対に取りこぼしたくない試合です。

前回のキャブス対ピストンズの試合キャブスが116-88で勝利しています。

さあ、クリーブランド キャバリアーズはデトロイト ピストンズに勝利を収めることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年1月29日月曜日にクリーブランド・キャバリアーズのホーム、クイックン・ローンズ・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 48試合目、デトロイト ピストンズ 対 クリーブランド キャバリアーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Detroit Pistons vs Cleveland Cavaliers
@ Quicken Loans Arena,Cleveland,OH

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2018/1/28/Sun/06:00PM(日本時間2018年1月29日月曜日午前8時

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」で生放送されました。この「Rakuten NBA Special」に加入すると録画放送をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

デトロイト・ピストンズ(A)104 vs 121(H)クリーブランド・キャバリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
DET 28 33 26 17 104
CLE 33 25 32 31 121

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

勝ちました、クリーブランド・キャバリアーズ。これでキャブスの今季成績は29勝19敗、イースタン・カンファレンス3位、セントラル・ディビジョン1位となりました。

今日のデトロイト ピストンズ戦に勝利し2連勝を収めたキャバリアーズは、昨年2017年12月18日(日本時間)に行われたワシントン・ウィザーズ戦以来はじめての連勝です。こんなに長く連勝していなかったとは驚きました。それだけチーム状態が悪かったということですね。

さて今日のピストンズとの試合は、前のペイサーズ戦に続き、ディフェンスが機能しておりました。まだまだディフェンスに雑なところも見受けられますが、徐々に良くなってきており、機能してきました。そのおかげでオフェンスに良い流れが出てきており、チーム全体の状態が上がってきました。

今日の試合、キャブスはピストンズのフィールドゴールパーセンテージを42.1%に抑え、特にピストンズのインサイドからの攻撃を封じ込めることができていました。

キャブスのオフェンスは前のペイサーズ戦に続き、JR・スミスが良いところで試合を決定付ける3ポイントショットを決めるなど活躍が光りました。またカイル・コーバーもサイドラインから1対1でディフェンスを抜き、レイアップシュートを決めるなどの活躍(合計12得点を記録)を見せました。このコーバーのプレイには普段3ポイントショットの印象が強いコーバーですので、本人、そしてベンチも盛り上がり、チームを勢いづけたプレイになりました。

キャバリアーズレブロン・ジェームズが惜しくも2試合連続のトリプルダブル達成とはいきませんでしたが、ゲームハイの25得点、8リバウンド、14アシスト、ケビン・ラブが20得点、11リバウンド、JR・スミスが15得点を記録しました。

一方敗れたピストンズはアンソニー・トリバーとトバイアス・ハリスが20得点、そしてアンドレ・ドラモンドが17得点、11リバウンド、4アシストを記録し健闘しました。

さあ久しぶりの連勝をおさめたクリーブランド キャバリアーズ。この調子で1試合1試合集中して大事に戦い、プレイオフに向けてチーム状態を上げていってもらいたいところです。

次回のキャブスの対戦相手は再度ピストンズです。今度はアウェイ、デトロイトに乗り込んでの試合ですので今日のホームゲームのようには楽にいかないかもしれないですが、がんばってもらいたいですね。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)デトロイト・ピストンズ
@ リトル・シーザーズ・アリーナ(ミシガン州デトロイト)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地デトロイト時間
2018/1/30/Tue/08:00PM(日本時間2018年1月31日水曜日午前10時

デトロイト・ピストンズの情報>※日本時間1月29日現在
・今季成績22勝26敗
・イースタン・カンファレンス9位
・過去10戦1勝9敗
・前回日本時間2018/1/29に行われたキャブスとの試合結果(DET 104-121 CLE)

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告