クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン52

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの52試合目です。

日本時間2018年2月4日日曜日に行われたヒューストン・ロケッツとの試合に敗れたクリーブランド・キャバリアーズキャブスのフィールドゴール成功率はわずか39.1%、一方のロケッツは47.3%と、ロケッツに完璧にやられた試合でした。

この試合は全米で生中継されましたが、試合後レブロン・ジェームズは「何も言う言葉が無い」、「今後全米中継される予定のキャブスの試合は、ロケッツに回すべき。良いプレイが全く出来ていない」とコメント。

このようにレブロンがコメントするくらいキャバリアーズはロケッツに完璧に打ち負かされました。

さて今日のキャブスの試合はアウェイに乗り込んでのオーランド・マジックとの一戦です。今季NBA2017-2018シーズンにキャブスマジックとすでに3試合を戦い、2勝1敗でキャブスが勝ち越しており、キャブスにとって分が良い相手です。前回日本時間2018年1月19日金曜日に行われたマジック戦は1点差ゲームとなり見事キャブスが接戦をものにしました。

キャブス、マジックともにここ直近の10試合は4勝6敗と苦しい戦いを強いられています。しかしマジックは現在、イースタン・カンファレンス14位(日本時間2018年2月6日現在)とプレイオフ進出は絶望となっていますので、イースタン・カンファレンス3位(日本時間2018年2月6日現在)のキャブスにとっては、プレイオフに向けて負けるわけにはいかない相手です。

さあキャバリアーズはマジックに勝利をおさめることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年2月7日水曜日にオーランド・マジックのホーム、アムウェイ・センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 52試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 オーランド マジックの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Orlando Magic
@ Amway Center,Orlando,FL

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地オーランド時間
2018/2/6/Tue/07:00PM(日本時間2018年2月7日水曜日午前9時

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)98 vs 116(H)オーランド・マジック

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 43 24 22 9 98
ORL 31 20 41 24 116

まとめ

どーも、管理人のMACK SHINです。

今日の試合も負けてしまいました、クリーブランド キャバリアーズ。2連敗です。これで今季成績は30勝22敗、イースタン・カンファレンス3位、セントラル・ディビジョン1位(日本時間2018年2月7日現在)となりました。

今日のオーランド マジック戦でキャブスは前半に最大で21点差のリードをマジックにつけたのですが、後半に失速してしまい、終わってみればマジックに18点差をつけられて惨敗という結果になりました。

試合は前半、キャブスのビッグマン、トリスタン・トンプソンがオフェンスリバウンドを頑張り、得点に結びつく場面が目立ちました。アイザイア・トーマスをはじめ、他の選手も良いムーブができており、ショットを楽に決めることができていました。前半はマジックに一度もリードを許すことなく終了しました。

しかし後半に入ると、キャバリアーズは前半の動きがうそのように失速してしまい、ショットをまともに打たせてもらえず、第3クォーターはマジックに22対41とほぼダブルススコアに近い点差で獲られてしまい、さらに最終第4クォーターには、キャブスはわずか9点しかとれず、反対にマジックに24点を獲られてしまいゲームセットとなりました。試合後半のキャブスは自陣リムを守ることができず、またマジックの攻撃を抑えたい場面でオフェンスリバウンドをマジックに許してしまい、試合の流れを取り戻せなかったことが敗因のひとつでした。両チームのリバウンド数はキャブスが合計35(内オフェンスリバウンド9、ディフェンスリバウンド26)、そしてマジックは合計50(内オフェンスリバウンド12、ディフェンスリバウンド38)という結果。やはりキャブスのビッグマンの重要選手、ケビン・ラブの怪我での離脱が影響しているのは確かです。

キャバリアーズレブロン・ジェームズが25得点、10リバウンド、5アシスト、トリスタン・トンプソンが12得点、9リバウンド、JR・スミスジェフ・グリーンも同じく12得点を記録しました。

一方勝利したマジックはジョナソン・シモンズがゲームハイの34得点、7リバウンド、エバン・フォーニエが19得点、6リバウンド、ビズマック・ビオンボが11得点、8リバウンドを記録して勝利に貢献しました。

今日のマジック戦に負けたキャブスは、同じイースタン カンファレンスのワシントン・ウィザーズにゲーム差無しの3位に並ばれてしまいました。幸いウィザーズも今日の試合に負けたため、順位は入れ替わりませんでしたが、徐々に下位とのゲーム差が縮まってきており、3位のキャブスから7位のマイアミ・ヒートまでのゲーム差はわずか2(日本時間2018年2月7日現在)しかありません。1試合でも落とすと一気に下位に転落してしまう状況です。

プレイオフに向けて、ここで何とか踏ん張りたいキャブス。もう一度粘り強いプレイでチーム一丸となって勝利をもぎ取った先日のヒート戦のような試合を期待したいです。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

ミネソタ・ティンバーウルブズ(A)vs(H)クリーブランド・キャバリアーズ
@ クイックン・ローンズ・アリーナ(オハイオ州クリーブランド)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2018/2/7/Wed/08:00PM(日本時間2018年2月8日木曜日午前10時

ミネソタ・ティンバーウルブズの情報>※日本時間2月7日現在
・今季成績34勝22敗
・ウェスタン・カンファレンス4位
・過去10戦5勝5敗
・前回日本時間2018/1/9に行われたキャブスとの試合結果(CLE 99-127 MIN)

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告