クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン54

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの54試合目です。

先日日本時間2018年2月8日木曜日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦で劇的な勝利をおさめたクリーブランド・キャバリアーズ。さすがレブロン・ジェームズキングの名にふさわしいパフォーマンスを魅せてくれました。レブロンのブザービーターで試合終了となり、ホーム、クイックン・ローンズ・アリーナが大歓喜につつまれました。チーム一丸となって見事に勝利をもぎ取った試合でしたね。

しかし、日本時間昨日の2018年2月9日、トレードデッドライン(トレード期限)のこの日に、クリーブランド キャバリアーズは衝撃のトレードを発表しました

昨年2017年の夏にキャブスとボストン・セルティックスとの間のトレードで、カイリー・アービングの替わりに獲得したアイザイア・トーマスを、ロサンゼルス・レイカーズにトレードに出しました。

トーマスは今シーズンの2017-2018シーズンは怪我で出遅れており、キャブスでの出場はわずか15試合、平均14.7得点、4.5アシストという結果で、確かにセルティックス時代のアイザイア・トーマスと比較すると、全く物足りなかったですが、これから徐々にキャブスに馴染んでくる時期でしたので、なんとも速すぎる見極めだったのではという印象です。

この他に、アイザイア・トーマスと同じくチャニング・フライもレイカーズへ、ドウェイン・ウェイドをマイアミ・ヒートへ、デリック・ローズとジェイ・クロウダーをユタ・ジャズへ、そしてイマン・シャンパートをサクラメント・キングスへトレードしました。

替わりにキャブスが獲得した選手は、レイカーズからガードのジョーダン・クラークソンとフォワードのラリー・ナンスJr.、ユタ・ジャズからガードのロドニー・フッド、そしてサクラメント・キングスからガードのジョージ・ヒルとなりました。-2018年トレード期限後のロスターはこちら

キャブスは一気に6選手をトレードに出し、まさにClean the House大掃除)”とういう感じです。

キャブスのこの衝撃な動きはチーム建て直しの意味のほかにも、球団間のビジネスも絡んでおり、賛否両論です。今シーズン加入したばかりのアイザイア・トーマスがシーズンの途中でトレードされ、本人も精神的に傷ついているという情報に対して、キャブスのフロントに否定的な意見もあります。

一方でアメリカのスポーツ番組「ESPN」では、チャールズ・バークリーが「キャブスはトレード前はプレイオフに進めるチームではなかったが、このトレードでチームが若返り、戦力も上がりプレイオフで勝てるチームになった。キャブスにとって良い日になった」とポジティブなコメントもしております。

そう、もう済んだことなので、否定的なことを言っても仕方がありません。ポジティブに考えて進んでいくしかないのです。

キャブスは心機一転、気持ちを新たにして戦ってもらい、試合毎にチームがまとまっていくことを期待したいです。

さて今日の試合はアウェイ、アトランタに乗り込んでのアトランタ・ホークス戦です。ホークスはここまでの今季成績は17勝38敗でイースタン・カンファレンス15位(日本時間2018年2月9日現在)と最下位に沈んでいます。

前回のホークス戦ではキャバリアーズが勝利をおさめています。

さあ、新しいチームとなり新たな船出に出発するクリーブランド キャバリアーズは今日のアトランタ ホークス戦に勝利をおさめることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年2月10日土曜日にアトランタ・ホークスのホーム、フィリップス・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 54試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 アトランタ ホークスの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Atlanta Hawks
@ Philips Arena,Atlanta,GA

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地アトランタ時間
2018/2/9/Fri/07:30PM(日本時間2018年2月10日土曜日午前9時30分

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)123 vs 107(H)アトランタ・ホークス

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 31 30 36 26 123
ATL 27 29 26 25 107

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

勝ちました、クリーブランド キャバリアーズ。2連勝です。これで今季成績を32勝22敗、イースタン・カンファレンス3位、セントラル・ディビジョン1位となりました。

日本時間昨日の2018年2月9日に発表された衝撃のトレードから一夜明けた今日のアトランタ・ホークスとの試合でしたが、キャバリアーズの選手全員が躍動したプレイを魅せてくれ、キャブスチーム全体に何か吹っ切れたものを感じました。

そしてキャブスはすべてのクォーターを獲り、最大でホークスに23点差をつけて勝利しました。

今日のキャブスは昨日のトレードで獲得した選手がまだおりませんでしたので、スターターはセディ・オスマンレブロン・ジェームズトリスタン・トンプソンJR・スミス、そしてホセ・カルデロンとなりました。

試合は途中から入ったカイル・コーバーが爆発。前半に3本の3ポイントショットを決めると、後半にも4本の3ポイントショットを決めて、計7本の3ポイントショットを記録(13本中7本、成功率53.8%)し、さらにフィールドゴールとフリースローを合わせると計30得点(ゲームハイ)を獲得しました。

キャブスカイル・コーバーがゲームハイの30得点を記録したほか、ジェフ・グリーンがペネトレイとして豪快なダンク、そして4本中3本の3ポイントショットを決めるなどの活躍を魅せて合計24得点を記録。そしてレブロン・ジェームズが22得点、12リバウンド、17アシストを記録し、2試合連続でトリプルダブル達成し勝利に貢献しました。

一方敗れたアトランタ・ホークスはデニス・シュルーダーが25得点、トーリアン・プリンスが15得点、タイラー・ドーシーが14得点を記録しました。

新しいチームに生まれ変わり、再度船出に出たクリーブランド・キャバリアーズ。次の試合からは新加入した選手が出場します。彼らがキャブスでどのようなプレイを魅せてくれるのか非常に楽しみです。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)ボストン・セルティクス
@ TDガーデン(マサチューセッツ州ボストン)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地ボストン時間
2018/2/11/Sun/03:30PM(日本時間2018年2月12日月曜日午前5時30分

ボストン・セルティックスの情報>※日本時間2月10日現在
・今季成績40勝17敗
・イースタン・カンファレンス2位
・過去10戦6勝4敗
・前回日本時間2018/1/4に行われたキャブスとの試合結果(CLE 88-102 BOS

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告