クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン65

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの65試合目です

先日の日本時間2018年3月8日木曜日に行われたデンバー・ナゲッツ戦で勝利をおさめ、現在2連勝中のクリーブランド・キャバリアーズ

このデンバー・ナゲッツ戦から6試合連続でアウェイでの試合を行うキャバリアーズ。長いロードになりますが、まずは幸先の良いスタートを切ることができ、チームの雰囲気も良好です。

さて本日のアウェイでの2試合目の相手はロサンゼルス・クリッパーズです。

クリッパーズは現在34勝29敗、ウェスタン・カンファレンス8位とプレイオフ進出に向けて負けられない戦いが続いております。

最近のクリッパーズの話題といえば、今年2018年1月にブレイク・グリフィン等とのトレードでトバイアス・ハリス、エイブリー・ブラッドリー、そしてボバン・マリヤノヴィッチがクリッパーズに加入したことですね。

当時はロサンゼルス クリッパーズとブレイク・グリフィンはこの先も心中していくと思われていたので、このトレードは本当に衝撃でした。

今季NBA2017-2018シーズンでキャブズとクリッパーズは一度対戦(日本時間2017年11月18日)しており、その際はキャブスが勝利をおさめておりますが、現在のクリッパーズはその時と全く違うチームとなっているので、油断はできません。

さあ、クリーブランド キャバリアーズはロサンゼルス クリッパーズに勝利をおさめて、3連勝を飾ることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年3月10日土曜日にロサンゼルス・クリッパーズのホーム、ステイプルズ・センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 65試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 ロサンゼルス クリッパーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Los Angeles Clippers
@ Staples Center,Los Angeles,CA

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地ロサンゼルス時間
2018/3/9/Fri/07:30PM(日本時間2018年3月10日土曜日午後12時30分

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)102 vs 116(H)ロサンゼルス・クリッパーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 17 30 30 25 102
LAC 35 26 24 31 116

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のマック シンです。

いやー、負けてしまいました、クリーブランド・キャバリアーズ。3連勝とは行きませんでした。

これでキャブスの今季成績は38勝27敗、イースタン・カンファレンス3位、セントラル・ディビジョン1位となりました。

今日の試合はやはり第1クォーターで勝負が決まってしまいました。キャブズクリッパーズに18点差をつけられて第1クォーターを獲られてしまい、結局それが仇となり追いつくことができませんでした。

キャブスのこの試合にクリッパーズにリードしたのは、第1クォーター序盤のわずか3点で、その後は一度もリードを奪うことができず、最大で19点差をクリッパーズにつけられて敗戦となりました。

試合は終始クリッパーズのペースで進み、特にDJことクリッパーズのディアンドレ・ジョーダンにやられてしまいました。ジョーダンはこの試合20得点、そして23リバウンド、内オフェンスリバウンド7、そしてディフェンスリバウンド16を記録して、攻守ともにプレイが光っておりました。

今日の試合もそうですが、今シーズン、キャバリアーズが10点差近くつけられて負けている試合に共通していることは、試合終盤、追いつきかけて流れを掴みかけているとき、また時間も十分残されているにもかかわらず、3ポイントショットに頼ってしまっていることだと思います。決まれば良いですが、焦りからかなかなか決まらず、結果相手に得点を許してしまい、試合を壊してしまっています。焦らずじっくり2ポイントで相手にプレッシャーをかけていけば良いものの、すぐに焦って一発で流れを掴もうとする戦術が逆に悪い流れを引き込んでしまっています

焦らずじっくり攻めて、相手にプレッシャーをかけて勝負してもらいたいものです。

キャブズレブロン・ジェームズがゲームハイの25得点、10リバウンド、6アシスト、ジョーダン・クラークソンが21得点、そしてラリー・ナンスJr.が16得点、12リバウンドを記録しました。

一方の勝利したクリッパーズはトバイアス・ハリスが23得点、7リバウンド、ディアンドレ・ジョーダンが20得点、23リバウンド、同じくモントレズ・ハレルが20得点、そしてルー・ウィリアムズとクリッパーズのヘッドコーチ、ドック・リバースの息子、オースティン・リバースが15得点を記録して勝利に貢献しました。

ここからまだアウェイの試合が4試合続くキャブス。厳しい試合が続きますが、じっくり焦らずプレイをして一つでも多く勝利を掴み取り、良い雰囲気でホーム、クリーブランドに戻ってきてもらいたいですね。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)ロサンゼルス・レイカーズ
@ ステイプルズ・センター(カリフォルニア州ロサンゼルス)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地ロサンゼルス時間
2018/3/11/Sun/06:00PM(日本時間2018年3月12日月曜日午前10時

ロサンゼルス・レイカーズの情報>※日本時間3月10日現在
・今季成績29勝36敗
・ウェスタン・カンファレンス11位
・過去10戦6勝4敗
・前回日本時間2017/12/15に行われたキャブスとの試合結果(LAL 112-121 CLE

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告