クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン66

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの66試合目です

先日日本時間2018年3月10日土曜日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦に敗れて連勝が2で途切れてしまったクリーブランド キャバリアーズ

なかなか波に乗れず、タフな試合が続いているキャブスですが、自分たちの焦りから勝てる試合を落としているという印象です。

キャブスは試合終盤に競っている場面で、3ポイントショットに頼り一気に掴もうとしていますが、それが決まらず、流れを掴めないまま、自滅して敗戦してしまっています。

じっくり確実に2点を獲っていけば、相手にプレッシャーをかけられるはずですので、慌てず焦らず試合の流れを掴んでほしいところです。

さて今日の相手はアウェイに乗り込んでのロサンゼルス・レイカーズとの一戦です。

レイカーズはここまで今季成績29勝36敗、ウェスタン・カンファレンス11位と苦しいシーズンになっています。

前回日本時間2017年12月15に行われたキャブスとレイカーズの対戦では、キャバリアーズが勝利をおさめております。

レイカーズの最近の話題といえば、今年2月のトレードデッドライン当日にレイカーズとキャブズ間で行われた衝撃のトレード発表、レイカーズがジョーダン・クラークソンとラリー・ナンスJr.を出すことで、アイザイア・トーマスとチャニング・フライを獲得したことが話題ですね。

今日の試合はこのトレードに関わった選手達が初めて顔を合わせて対戦するので、熱くなりそうですね。特にキャブズに昨年オフに加入したばかりでいきなりトレードに出されたアイザイア・トーマスは屈辱を味わっているので、キャブスが彼をトレードに出したことを後悔するようなプレイをして来るでしょう。

衝撃のトレード後、初顔合わせとなるキャブスとレイカーズ、さあキャバリアーズはレイカーズに勝利をおさめることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年3月12日月曜日にロサンゼルス・レイカーズのホーム、ステイプルズ・センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 66試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 ロサンゼルス レイカーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Los Angeles Lakers
@ Staples Center,Los Angeles,CA

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地ロサンゼルス時間
2018/3/11/Sun/06:00PM(日本時間2018年3月12日月曜日午前10時

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)113 vs 127(H)ロサンゼルス・レイカーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 29 31 22 31 113
LAL 33 32 33 29 127

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

負けてしまいました、クリーブランド・キャバリアーズ。2連敗です。

前回のレイカーズとは打って変わって今日のレイカーズ戦は完敗でした。

これでキャブズの今季成績は38勝28敗、イースタン・カンファレンス4位、セントラル・ディビジョン2位と順位を一つ落としてしまいました

試合は前半は両チーム譲らず、均衡した試合内容でしたが、後半第3クォーター途中からキャブスはレイカーズの早いパス回しや動きに翻弄されてしまい、最大で22点差をつけられて負けてしまいました。

そしてこの試合キャブスがレイカーズにリードしたのは第1クォーター序盤の1点差をつけただけで、その後は1度も同点、そして逆転することなく、常にレイカーズに試合を支配されました。

試合に負けたキャブスですが、動きはそこまで悪くなかったので、今日はレイカーズがキャブスよりも良い動きをしていたということです

キャブズレブロン・ジェームズが24得点、10リバウンド、7アシスト、ラリー・ナンスJr.が16得点、8リバウンド、そしてアンテ・ジジッチが15得点、7リバウンドを記録しました。

一方勝利したレイカーズはジュリアス・ランドルがゲームハイ、そして自己最多の36得点、14リバウンド、7アシスト、ブルック・ロペスが22得点、8アシスト、アイザイア・トーマスが20得点、5リバウンド、9アシスト、そして同じくケンテイビアス・コールドウェル・ポープが20得点、6リバウンドを記録して勝利に貢献しました。

キャバリアーズは今日の敗戦で順位を一つ落とし、インディアナ・ペイサーズと入れ替わり、イースタン・カンファレンス4位、セントラル・ディビジョン2位となってしまいました。

現在6試合連続のアウェイロード中のキャブス。ここまで3試合のロードを終えて1勝2敗。まだ残り3試合連続のロードが続き、選手、そしてスタッフも疲労が蓄積しているとは思いますが、なんとか勝ち越して良い雰囲気でホーム、クリーブランドに戻って来てほしいですね。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)フェニックス・サンズ
@ トーキング・スティック・リゾート・アリーナ(アリゾナ州フェニックス)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地フェニックス時間
2018/3/13/Tue/07:00PM(日本時間2018年3月14日水曜日午前11時

フェニックス・サンズの情報>※日本時間3月12日現在
・今季成績19勝49敗
・ウェスタン・カンファレンス14位
・過去10戦1勝9敗

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告