クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン80

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの80試合目です。

昨日、日本時間2018年4月6日金曜日にクリーブランド キャバリアーズのホーム、クイックン・ローンズ・アリーナで行われたワシントン ウィザーズ戦で見事な逆転勝利を飾り、5連勝を遂げたキャブズ

このウィザーズ戦、第4クォーターにキャブスはウィザーズに一時最大で17点差をつけられましたが、そこから反撃に出て、見事17点差を跳ね返して、大逆転勝利をおさめました。

最後まで全員が諦めないプレイを魅せてくれ、気持ちの良い試合になりました。この勝利でチームがより一つになり、またさらに勢いが付いたに違いないですね。

さて6連勝を目指すキャバリアーズの今日の試合は、アウェイに乗り込んでのフィラデルフィア・76ersとの一戦です。

76ersはここまで今季成績を48勝30敗、イースタン・カンファレンス4位(日本時間2018年4月6日現在)で現在12連勝中と絶好調です。

そして、イースタンカンファレンス3位のキャブズと4位の76ersのゲーム差はわずか0.5ゲーム差(日本時間2018年4月6日現在)しかありません。ですので、もしキャバリアーズが今日の試合を落としてしまうとイースタンカンファレンス4位に転落してしまいます。しかも76ersは残りのレギュラーシーズンの試合がキャブスより1試合多く残っていますので、キャブスが負けてしまうとプレイオフ進出を3位で決めることが厳しくなってしまいます。

ですのでキャブスにとってはこの試合は是が非でも獲りたいところです。

今シーズン、キャブスと76ersは3回対戦しており、2勝1敗でキャブスがリードしております。しかし76ersは現在12連勝中、しかも本日の試合は76ersのホームで行われますので、キャブズにとっては非常に厳しい試合、そしてタフな試合になりそうです。

さあキャバリアーズは76ersに勝利をおさめて6連勝、そしてイースタンカンファレンス3位を死守することができたのでしょうか・・・

日本時間2018年4月7日土曜日フィラデルフィア・76ersのホーム、ウェルズ・ファーゴ・センターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 80試合目、クリーブランド キャバリアーズ 対 フィラデルフィア 76ersの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Philadelphia 76ers
@ Wells Fargo Center,Philadelphia,PA

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地フィラデルフィア時間
2018/4/6/Fri/07:00PM(日本時間2018年4月7日土曜日午前8時

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」で生放送されました。この「Rakuten NBA Special」に加入すると録画放送をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)130 vs 132(H)フィラデルフィア・76ers

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
CLE 28 27 43 32 130
PHI 41 37 27 27 132

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

いやー、悔しいですね・・・フィラデルフィア セブンティシクサーズに負けてしまいましたクリーブランド キャバリアーズ

これで連勝が5で止まったキャブズ今季成績は49勝31敗、そして76ersと入れ替わり、イースタンカンファレンス4位(セントラルディビジョン1位)に転落してしまいました

今日の試合、前半は完全にシクサーズが試合を支配し、キャブズ最大で30点差のリードをシクサーズに付けられて、前半は全く歯が立たない内容になりました。

キャブズの前半のフィールドゴール・パーセンテージはわずか42.9%(49本中21成功)、一方のシクサーズは56.6%(53本中30本成功)とシクサーズの一方的な展開になりました。

しかし後半に入るとキャブズは徐々に反撃に入り、昨日のウィザーズ戦のように粘りを魅せます。最大で30点差のビハインドを付けられていたキャブスは第4クォーター終盤に、ついに2点差まで詰め寄り、後半のキャブスのフィールドゴール・パーセンテージは61.5%(39本中24本成功)、そしてシクサーズはわずか41.7%(48本中20本成功)と一気に前半の巻き返しをしました。

そして残り時間1.9秒のところでスコアは129対132の3点差でシクサーズがリード。ここからキャブスはケビン・ラブがベースラインからボールを入れます。そしてラブは敵陣の3ポイントラインにいるレブロン・ジェームズにロングパスを入れ、レブロンがそのパスを見事キャッチ。そしてレブロンはシクサーズのディフェンス、ロバート・コビントンをかわして3ポイントショットを狙い、なんとそれがコビントンのファウルを誘い、フリースローを3本獲得しました。

そしてレブロンは慎重に1本目を決め、続いての2本目を放ったレブロンのボールはリム上を回転してボールはゴールに吸い込まれることなく外れてしまい、最後の3本目をわざと外して2点を獲りにいきましたが、リバウンドが取れず万事休す、試合終了となりました。

最後まで白熱した試合になりましたが、キャバリアーズは前半に最大で30点差を付けられてしまったことが最後まで影響しました。

キャブスレブロン・ジェームズはゲームハイの44得点、11リバウンド、11アシストを記録してトリプルダブルを達成、そして自身の持つ連続二桁得点記録を871試合に伸ばしました。ジェフ・グリーンが33得点、5リバウンド、そしてケビン・ラブが17得点、9リバウンドを記録しました。

一方の勝利した76ersはJJ・レディックが28得点、ベン・シモンズが27得点、15リバウンド、13アシストを記録して見事トリプルダブルを達成、そしてマルコ・ベリネリが23得点を記録して勝利に貢献しました。

76ersに敗れてしまったキャバリアーズ。残りレギュラーシーズンも2試合となりましたが、なんとか2連勝してイースタンカンファレンス3位でのプレイオフ進出に望みを繋げてもらいたいですね。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)ニューヨーク・ニックス
@ マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク州ニューヨーク)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地ニューヨーク時間
2018/4/9/Mon/07:30PM(日本時間2018年4月10日火曜日午前8時30分

ニューヨーク・ニックスの情報>※日本時間4月7日現在
・今季成績28勝51敗
・イースタン・カンファレンス11位
・過去10戦4勝6敗(プレイオフ進出不確定
・前回日本時間2017/11/14に行われたキャブスとの試合結果CLE 104-101 NYK)

放送および視聴方法

・この試合は「WOWOW」で日本時間試合当日の4月10日(火)午前11時30分~録画放送されます。「WOWOW加入」についての詳細はこちらのWOWOW公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告