クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン82

Cleveland Cavaliers

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンの82試合目(NBA2017-2018シーズンのレギュラーシーズン最終戦)です。

先日のニューヨーク ニックス戦(日本時間2018年4月10日火曜日午前8時30分)で勝利をおさめ、セントラルディビジョン1位が確定して見事地区優勝を飾ったクリーブランド キャバリアーズ。そしてキャブスはこの勝利でレギュラーシーズンの勝星も50勝(通算11回目)に到達しました。

さて今日の試合はホーム、クイックン・ローンズ・アリーナに前試合同様、ニューヨーク・ニックスを招いての一戦です。

今日の試合はキャブスにとってNBA2017-2018シーズンのレギュラーシーズン最終戦となり、またホームでの最終戦となります。

今シーズン、キャブズニックスは3回対戦して、キャブズが2勝1敗と勝ち越しております。

ここで日本時間2018年4月10日火曜日にキャブスに一つ動きがありました。今シーズン、キャバリアーズのGリーグ(マイナーリーグ)の提携チーム、カントン・チャージでプレイしてきたケンドリック・パーキンスをロスターに加えました。(日本時間2018年4月12日現在の最新のキャブスのロスターはこちらの記事を参照してください。)パーキンスはNBA2014-2015年シーズンのNBAファイナルの時にキャバリアーズに所属しておりましたが、古巣に戻ってきた形になりました。

プレイオフに向けてNBA2007-2008年シーズンにボストン・セルティックスでNBA優勝を経験しているパーキンスの加入はキャブスにとって心強い存在になることは間違いありませんね。 

さあ、今日はNBA2017-2018シーズンのレギュラーシーズン最終戦、またホームでの最終戦です。キャブスはニックスに勝利してプレイオフに向けて勢いをつけることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年4月12日木曜日クリーブランド・キャバリアーズのホーム、クイックン・ローンズ・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ2017-2018 シーズン 82試合目NBA2017-2018シーズンのレギュラーシーズン最終戦)、ニューヨーク ニックス 対 クリーブランド キャバリアーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

New York Knicks vs Cleveland Cavaliers
@ Quicken Loans Arena,Cleveland,OH

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2018/4/11/Wed/08:00PM(日本時間2018年4月12日木曜日午前9時

放送および視聴方法

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

試合結果(スコア)

ニューヨーク・ニックス(A)110 vs 98(H)クリーブランド・キャバリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
KNY 20 37 27 26 110
CLE 20 17 34 27 98

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

キャバリアーズは今日のニューヨーク ニックスとのNBA 2017-2018 シーズンのレギュラーシーズン、そしてホーム、クイックン・ローンズ・アリーナでの最終戦に敗れてしまいました。

プレイオフに向けて弾みをつけたかったところでしたが敗戦となり残念でした。

これでキャブスの今季NBA2017-2018シーズンのレギュラーシーズンの成績は50勝32敗、そしてイースタンカンファレンス4位(セントラルディビジョン1位で地区優勝)が確定しました。

試合は第1クォーターはキャバリアーズが試合の流れを掴み、主導権を握ったかに思われましたが、第2クォーターに入るとキャブスは失速して、フィールドゴールパーセンテージがわずか28%(25本中7本成功)、一方のニックスは66.7%(18本中12本成功)と一気にニックスのペースになりました。キャブスは第3クォーターに入ってもニックスの勢いに圧倒され、一時最大でニックスに22点差をつけられ、その後一度も追いつくことなく試合終了となり、敗戦してしまいました。

試合終了時のキャブスのフィールドゴール パーセンテージは39.4%(94本中37本成功)、そしてニックスは50.6%(85本中43本成功)とこれでは勝つことはできませんね。

しかし今日のキャブスレブロン・ジェームズ(出場時間11分33秒)をはじめ、主力を温存しての試合となりましたので、敗戦は仕方がないのかもしれないですね。

キャブスジョン・ホランドが21得点、5リバウンド、アンテ・ジジッチが20得点、7リバウンド、そしてジェド・オスマンが18得点、7リバウンド、6アシストを記録しました。

一方のニックスはルーク・こーネットがゲームハイの23得点、トレイ・バークが19得点、5リバウンド、9アシスト、そしてフランク・ニリキナが16得点を記録して勝利に貢献しました。

最後に、レブロン・ジェームズが今日の試合に出場したことで、レブロンは自身のキャリア初のレギュラーシーズン全試合出場を達成しました。33歳となったレブロンは歳を追うごとに強靭な肉体、そしてますます進化し続けているように思えますね。

さあレギュラーシーズンも全日程が終了しました。ここからプレイオフの戦いが始まり、まだまだ長いNBAシーズンは続き、さらなる盛り上がり、そして白熱した試合が行われていきます。

キャブスは昨シーズン、NBA2016-2017シーズンはイースタンカンファレンス1位、優勝という形でプレイオフ進出を遂げましたが、今シーズン、NBA2017-2018シーズンはイースタンカンファレンス4位での進出となりました。

この悔しさをバネにプレイオフを勝ち上がって、NBAチャンピオンとなってもらいたいですね。

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズ試合(プレイオフ1回戦、1試合目)

インディアナ・ペイサーズ(A)vs(H)クリーブランド・キャバリアーズ
@ クイックン・ローンズ・アリーナ(オハイオ州クリーブランド)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地クリーブランド時間
2018/4/15/Sun/03:30AM(日本時間2018年4月16日月曜日午前4時30分

インディアナ・ペイサーズの情報>※日本時間4月12日現在
・今季成績48勝34敗
・イースタン・カンファレンス5位
・過去10戦7勝3敗
・今シーズンのキャブスとペイサーズの対戦成績(キャブス1勝、ペイサーズ3勝)

放送および視聴方法

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
広告