クリーブランド・キャバリアーズ 2017-2018 シーズン・NBAファイナル2018①

NBA 2017-2018 NBA FINALS

Cleveland Cavaliers(クリーブランド キャバリアーズ)NBA 2017-2018 シーズンのプレイオフ・NBAファイナル2018の第1戦(1試合目)です。

今週、日本時間2018年5月28日月曜日にボストン・セルティックスのホーム、TD・ガーデンで行われたNBA 2017-2018 シーズンのプレイオフ・イースタン・カンファレンス・ファイナルの第7戦見事ボストン セルティックスを破り、4年連続でNBAファイナルに駒を進めたクリーブランド・キャバリアーズ

いよいよ今日からNBA 2017-2018 シーズンのNBAファイナル2018が開幕します。このNBAファイナルのために厳しいレギュラーシーズンを戦い抜き、そしてプレイオフを勝ち上がってきたわずか2チームのみが、世界中が注目するこのファイナルの舞台に立つことができます。

4年連続でイースタン カンファレンス優勝を成し遂げ、NBAファイナルに進んだキャブスの対戦相手は、同じく4年連続でウェスタン カンファレンス優勝を成し遂げた宿敵、ゴールデンステイト・ウォリアーズです。

キャブスウォリアーズがNBAファイナル2018に勝ち上がってきたことで、NBAファイナルは4年連続で同一カードとなりましたね。

過去3年のキャブズとウォリアーズのNBAファイナルの結果はキャブスが優勝1回、そしてウォリアーズが優勝2回となっています。※詳しくは下記の結果を参照してくださいね。


NBA 2014-2015 シーズン、プレイオフ・NBAファイナルの試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(4勝2敗)NBA チャンピオン
クリーブランド・キャバリアーズ(2勝4敗)

NBAファイナルMVP:アンドレ・イグダーラ(GSW)

第1戦 CLE 100-108 GSW
第2戦 CLE 95-93 GSW
第3戦 GSW 91-96 CLE
第4戦 GSW 103-82 CLE
第5戦 CLE 91-104 GSW
第6戦 GSW 105-97 CLE


NBA 2015-2016 シーズン、プレイオフ・NBAファイナルの試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(3勝4敗)
クリーブランド・キャバリアーズ(4勝3敗)NBA チャンピオン

NBAファイナルMVP:レブロン・ジェームズ(CLE)

第1戦 CLE 89-104 GSW
第2戦 CLE 77110 GSW
第3戦 GSW 90-120 CLE
第4戦 GSW 108-97 CLE
第5戦 CLE 11297 GSW
第6戦 GSW 101115 CLE
第7戦 CLE 93-89 GSW


NBA 2016-2017 シーズン、プレイオフ・NBAファイナルの試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(4勝1敗)NBA チャンピオン
クリーブランド・キャバリアーズ(1勝4敗)

NBAファイナルMVP:ケビン・デュラント(GSW)

第1戦 CLE 91-113 GSW
第2戦 CLE 113-132 GSW
第3戦 GSW 118-113 CLE
第4戦 GSW 116-137 CLE
第5戦 CLE 120-129 GSW


キャブスにとっては宿敵ウォリアーズにNBAファイナルで3度対戦して、2回敗れているだけに今年のNBAファイナル2018は是が非でも勝ちたいところですね。なんとしてでも2年連続でNBAファイナルで同じ相手に負けることだけは避けてもらいたいです。

ちなみに今季NBA 2017-2018 シーズンのレギュラーシーズンでのキャブスとウォリアーズの対戦は2度行われ、2試合ともウォリアーズが勝利しております。※詳しくは下記の結果を参照してくださいね。


NBA 2017-2018 シーズン・レギュラーシーズンのキャブズとウォリアーズの試合結果

CLE 92-99 GSW日本時間2017年12月26日火曜日)※クリスマスカード
GSW 118-108 CLE(日本時間2018年1月16日火曜日


しかしキャブスはレギュラーシーズンでウォリアーズに2敗していますが、レギュラーシーズンはレギュラーシーズン、ファイナルはファイナルと別物と割り切って、気にせずに戦ってもらいたいですね。

さあ、待ちに待ったNBAファイナルがスタートします。キャブスはまずNBA ファイナル 第1戦で宿敵、ウォリアーズに勝利をおさめ、幸先の良いスタートを切ることができたのでしょうか・・・

日本時間2018年6月1日金曜日ゴールデンステイト・ウォリアーズのホーム、オラクル・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズNBA 2017-2018 シーズン プレイオフ・NBAファイナル第1戦(1試合目)クリーブランド キャバリアーズ 対 ゴールデンステイト・ウォリアーズの試合結果と試合のハイライト動画をお届けします。

Cleveland Cavaliers vs Golden State Warriors
@ Oracle Arena,Oakland,CA

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地オークランド時間
2018/5/31/Thu/06:00PM(日本時間2018年6月1日金曜日午前10時

放送および視聴方法

・この試合は「WOWOW」に加入すると試合翌日(6月2日土曜日)の午前9時45分から録画放送で視聴することができます。「WOWOW加入」についての詳細はこちらのWOWOW公式サイトを参照してください。
※「WOWOW」は今なら1ヶ月間無料で加入することができます!!!

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」で生放送されました。この「Rakuten NBA Special」に加入すると生中継はもちろん、放送終了後でも録画放送をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると生中継はもちろん、放送終了後でも録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。
※「WOWOW」は今なら1ヶ月間無料で加入することができます!!!

試合結果(スコア)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)114 vs 124(H)ゴールデンステイト・ウォリアーズ

1Q 2Q 3Q 4Q OT1 TOTAL
CLE 30 26 22 29 7 114
GSW 29 27 28 23 17 124

試合ハイライト動画

まとめ

どーもー、管理人のMACK SHINです。

悔しいですね。なんとも言いようがない試合でした。

いよいよ始まったNBA2017-2018シーズンのNBAファイナル2018。今日行われたNBAファイナル2018の第1戦でゴールデンステイト ウォリアーズに敗れて先手を獲れなかったクリーブランド キャバリアーズ

ホームアドバンテージ(7戦中、第1,2,5,7戦の4試合をウォリアーズはホームで試合ができます)を持っているウォリアーズのホーム、オラクル・アリーナで行われた今日の第1戦は、序盤から互角の戦いとなり、リードチェンジが合計15回、そして同点回数が合計17回を記録する一進一退の攻防が続きました。

そして試合終盤の第4クォーター残り32.1秒、スコアは104対104の同点の場面でキャブスレブロン・ジェームズがドライブインからのレイアップを決めて、106対104となりキャブズが2点リード。しかし、ウォリアーズも残り23.5秒のところでステフィン・カリーがレブロンに負けじとドライブインからのレイアップを決めて、さらにこれがファウルを誘い、アンドワン。カリーは無難にフリースローを決めてスコアは106対107の1点差でウォリアーズがリードします。

そしてキャブスの1点差ビハインドでキャブスの最後の攻撃。レブロンがボールをキープして時間を見計らい、試合時間残り4.7秒のところでゴールに向かってペネトレイトしたジョージ・ヒルにパス。このパスがヒルのディフェンスについていたウォリアーズのクレイ・トンプソンのファウルを誘いヒルがフリースローを獲得。そしてヒルは1本目を決めて、再び試合は107対107の同点になります。そして逆転をかけた2本目をヒルが外してしまいますが、キャブスJR・スミスが見事リバウンドをとります。

しかしここで目を疑うような信じられないプレイが起こりました。リバウンドを獲ったJR・スミスはボールを持ったままハーフコート付近まで戻ってしまい、慌てたスミスはジョージ・ヒルにパスを出しましたがその瞬間にブザーが鳴り、試合はオーバータイムに入りました。

試合時間残り36.4秒から第4クォーター終了までの動画

オーバータイムに入ると流れは完全にホーム、ウォリアーズに傾き、キャブスは10点差をつけられて負けてしまいました。

キャブスレブロン・ジェームズがゲームハイの51得点、8リバウンド、8アシスト、日本時間2018年5月26日土曜日に行われたボストン・セルティックスとのイースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦の試合途中に頭部を強く打ち、脳震盪を起こし、次の第7戦を欠場、そして今日のNBAファイナル第1戦の出場が危ぶまれたケビン・ラブでしたが、先発で出場を果たし、21得点、13リバウンド、そしてJR・スミスが10得点、6リバウンドを記録しました。

一方、第1戦に勝利して先手を獲ったウォリアーズはステフィン・カリーが29得点、6リバウンド、9アシスト、ケビン・デュラントが26得点、9リバウンド、6アシスト、そしてクレイ・トンプソンが24得点を記録しました。

今日の第1戦後、JR・スミスは問題のプレイについて、チームがタイムアウトを取ると思ったとコメントを残しました。-<参考記事:nba.com

試合後のJR・スミスのインタビュー動画

一方のキャブスのヘッドコーチ、タロン・ルーはこのJR・スミスのプレイについてスミスはチームが1点リードしていると思っていたから、勝利で終わったと思っていた。とコメント。-<参考記事:nba.com

JR・スミスは痛恨のミスをした後、落胆にかられ、さらに流れをウォリアーズに渡してしまいましたが、スミスを攻めるわけにはいきません。他にもショットを決めれる場面やディフェンスをもっとタイトに行くべき場面もありました。さらに言えば、オーバータイムに入った途端、集中力が途切れ力尽き、流れを取り戻せなかったことが何よりの問題だと思います。

とにかく気持ちを切り替えて次の第2戦に望んでもらいたいですね。特にスミスには早く今日のミスから立ち直り、第2戦で爆発してもらいたいです

ではまた次回。

GO CAVS GO!!!!!
Cleveland,Whatever It Takes!!!!!

次のクリーブランド・キャバリアーズの試合(NBAファイナル2018、第2戦)

クリーブランド・キャバリアーズ(A)vs(H)ゴールデンステイト・ウォリアーズ
@ オラクル・アリーナ(カリフォルニア州オークランド)

Tip Off (試合開始日時)>※開催日時は現地オークランド時間
2018/6/3/Sun/05:00PM(日本時間2018年6月4日月曜日午前9時

放送および視聴方法

・この試合は「WOWOW」に加入すると試合翌日(6月5日火曜日)の午前8時45分から録画放送で視聴することができます。「WOWOW加入」についての詳細はこちらのWOWOW公式サイトを参照してください。
※「WOWOW」は今なら1ヶ月間無料で加入することができます!!!

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」に加入すると生放送で視聴することができます。また放送終了後、録画放送をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」に加入すると生放送で視聴することができます。また放送終了後、録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。
※「WOWOW」は今なら1ヶ月間無料で加入することができます!!!

NBAファイナル2018の対戦成績
クリーブランド・キャバリアーズ(0勝1敗)– ゴールデンステイト・ウォリアーズ(1勝0敗)
第1戦 CLE 114-124 GSW

スポンサーリンク
広告