クリーブランドの気候と気温

Cleveland Journey

こんにちは。管理人のMACK SHINです。

旅行に行く際に絶対気になるのが天気や気候ですよね。

ここではクリーブランドの季節ごとの気候や気温の紹介、そして週間天気予報を画面右に掲載しておきます。※スマホ等の場合は画面下にスクロールしていただければ確認できます。

直近一週間の天気予報が自動でアップデートされますので是非ブックマークして旅行中の情報に役立ててください。

クリーブランドの気候

クリーブランドはアメリカではニューヨークやシカゴとほぼ同緯度、日本だと北海道とほぼ同緯度に位置しています

気候は亜寒帯湿潤気候に属しています。亜寒帯湿潤気候の特徴は年間を通して雨量が多く、特に冬は多量の積雪がみられます。北海道を想像してもらえればわかりやすいと思います。一言でいうと寒いです

クリーブランドの季節と気温

続いて季節ですが日本と同様四季が存在します。
春夏秋冬の内訳ですが、
春(4月~5月)
夏(6月~8月)
秋(9月~10月)
冬(11月~3月)
となります。日本と同じですね。

まずクリーブランドの春ですが3月中旬頃から気温が上がり始めます。そして4月から5月までが春の時期になります。この期間は朝晩と日中の寒暖差があり気温差は10度以上になります。

夏は6月から8月までです。この期間は東京と同じくらい気温が高くなることもあり非常に暑くなります。ただ東京に比べると湿度が低いので蒸し暑さはそれほど感じなく過ごしやすいです。ただこの夏の期間も朝晩と日中の寒暖差があります。朝晩は気温が10度台前半に下がることが多々ありますので体調管理に注意が必要です。

続いて秋です。クリーブランドでは8月中旬になると気温が下がり始めます。そひて9月から10月までが秋の時期とされています。10月から11月にかけて気温がぐっと下がり、11月の平均は10度以下になります。ですので11月はもう冬です。

最後に冬です。クリーブランドの季節の中で一番長いのが冬です。11月~3月の約5ヶ月間です。はっきり言ってめちゃめちゃ寒いです。北海道と同様、積雪も増え気温もマイナスになり底冷えします。

ここで月ごとの平均気温、平均最高・最低気温、そして降水量を表にまとめたものを紹介します。
クリーブランドへ旅行に行く時期を決める際に役立ててください。
※この表は2016年1月~2017年11月の期間を気象庁のデータを基に表にしたものです。

2016年 月平均気温(℃) 月平均最高気温(℃) 月平均最低気温(℃) 降水量(mm)
1月 -2.2 1.9 -6.4 35
2月 0.2 4.8 -4.4 82
3月 7.1 12.1 2.1 106
4月 8.6 14.3 2.9 98
5月 15.9 21.4 10.3 84
6月 22.2 27.8 16.6 54
7月 24.9 30.3 19.4 46
8月 25.5 30.6 20.3 89
9月 21.4 26.7 16.1 137
10月 15.1 19.8 10.3 75
11月 9.3 14.3 4.3 54
12月 0.1 3.2 -2.8 67
2017年 月平均気温(℃) 月平均最高気温(℃) 月平均最低気温(℃) 降水量(mm)
1月 1.8 5.2 -2.1 121
2月 5.2 10.1 0.2 68
3月 3.7 8.3 -0.2 102
4月 14.3 20.1 8.1 114
5月 15.7 20.4 11.1 155
6月 22.4 27.7 17.0 149
7月 24.0 28.6 19.3 63
8月 22.5 27.9 17.1 32
9月 20.6 26.5 14.6 21
10月 15.2 20.3 10.1 93
11月 6.6 11.0 2.1 151

 クリーブランドへ旅行するベストシーズン

クリーブランドへ旅行に行く最適のベストシーズンは気温があがり始める4月、または5月~10月くらいです
もちろん暑いのが苦手、寒いのが得意と人それぞれですが一般的に暖かいほうが過ごしやすいかと思いますのでこの時期をおすすめします。
クリーブランドで1年で一番暑い時期は7月と8月の真夏の時期ですが、先ほども言ったように日本と比べると湿度が低いので日本の夏よりは断然過ごしやすいです。

クリーブランドを旅行する際の季節ごとの服装

とは言っても、旅行する時期は人それぞれだと思いますので季節ごとにどのような服装を準備すればよいかを紹介します。参考にしていただければと思います。

4月~5月)>
だんだんと暖かくなってくる時期です。厚手のジャンパーなどは必要ないです。日中はTシャツに1枚長袖のシャツなどを羽織るくらいで大丈夫です。ただし、朝晩は寒いのでトレーナー、または薄手のニットやカーディガンなど、温度調整がしやすい服装を準備してくださいね。

6月~8月)>
6月になると夏に向けて一直線に気温が上昇していきます。ですのでこの時期は日中は日本で過ごしている夏の服装で大丈夫です。半袖半パンで問題ないです。ただ、朝晩は冷え込むときがありますのでトレーナー、または薄手のニットやカーディガンなどを準備してください。

ちなみに私が2017年の8月上旬に訪れたときは、就寝時に掛け布団1枚の他に毛布が必要なくらい冷え込みました。実際毛布を使いました。しかも寝る服装は長袖トレーナーと半パンでした。日本の真夏の時期に寝るときに長袖トレーナーを着ることなんてまずないですよね。

9月~10月)>
もしかしたらクリーブランドではこの秋の時期が1年で一番過ごしやすい時期かもしれないです
服装は9月は長袖または半袖に一枚薄手のパーカーやジャケットを羽織るくらいで大丈夫です。10月に入ると気温がだんだん下がってきます。ですので厚手のジャンパーやダウンジャケットを準備してくださいね。またこの時期は昼と夜の寒暖差が激しいので体調管理にも注意してくださいね。

11月~3月)>
そして冬本番です。とにかく最高の防寒対策をしてください。雪山に行くくらいのイメージをもってください。厚手のコートやダウンジャケットコート、マフラー、厚手の手袋やニット、そして雪対策として出来ればブーツを準備してください。
この他にももちろんインナーにも対策が必要です。セーター、ヒートテックやタイツなども必ず準備してくださいね。底冷えしますので。

ぶっちゃけ冬は暖かいところに旅行してください。笑

まとめ

最後に改めてクリーブランドの気候の特徴ですが、気温は日本と比べるとどの時期も日本よりは低いです。その分夏は日本に比べると湿度も低いので過ごしやすいです。ただし朝晩は冷えますので油断は大敵です。下記のように記憶してもらえればと思います。

気温は日本よりも低い
湿度も日本より低い
夏でも防寒対策が必要

快適なクリーブランド旅行のための参考になれば幸いです。

何かご質問などがあればお気軽にお問い合わせくださいね。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告