アメリカへ旅行に行く際に必須のESTA(エスタ)の申請方法を、図解入りでわかりやすく解説!

ESTA

この記事ではアメリカのオハイオ州にある都市、クリーブランドへ旅行に行く際に、日本で事前に準備しなければならない書類、「ESTA(エスタ)の申請方法を解説します。是非参考にしてくださいね。※2018年1月25日現在
クリーブランドに限らずアメリカへ旅行する際には「ESTA(エスタ)は必ず必要な書類ですので、アメリカへ行く方すべてが対象になります。

ESTA(エスタ)とは

日本から3ヶ月未満のアメリカ旅行に行くためには、「米国渡航許可証=ESTA(エスタ)というものが必要になります

ESTA(エスタ)とは>

アメリカ合衆国に渡航する場合、テロ防止のために短期滞在のビザ(査証)を免除している参加国(Visa Waiver Program/ビザ免除プログラム参加国)の渡航者が、ビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかどうかを審査するものです。このプログラムに参加している国の国籍所有者は、3ヶ月以内の滞在であればビザを免除されます。

簡単に言ってしまうとビザの取得が必要ないかわりに、保安上、何かリスクをもたらすことがないかのチェックと認証を受ける必要があり、この渡米のための認証が、電子渡航認証システム「ESTA」の申請ということです。

要するに、滞在期間が3ヶ月以内のアメリカ旅行に行く場合や渡航する場合は、その本人の身元などを確認するものとしてこの「ESTA(エスタ)が必要になるということです。

ESTA(エスタ)の申請、取得方法

では、ここから「ESTA(エスタ)」の申請方法を解説していきますが注意点を先に言いますと、

・申請・取得のために$14の手数料がかかります。
・$14の支払い方法はデビットカードまたはクレジットカードのみ。(ですのでクレジットカードをお持ちでない方はこの機会に作っておきましょう。)※「PayPal」でも決済できますが「PayPal」のアカウント取得時にもクレジットカードが必要になります。

の2点です。ちなみに一度「ESTA(エスタ)」を申請・取得すると取得日から2年間有効になります。

ではお待たせしました。こちらの「ESTA(エスタ)」の申請・取得の公式ページにアクセスして解説していきます。
※参考:Department of Homeland Securityの公式ウェブサイト内の「Official ESTA Application Website,U.S. Customs and Border Protection

<解説>
①まず公式ページにアクセスすると下記の画面になりますので、画面内にある「新規の申請」をクリックします。※もし言語が日本語で表示されていない場合は画面右上で変更可能です。

ESTA

②クリックすると画面が下にスクロールしますので下記画面の「個人による申請」をクリックします。クリック後、「セキュリティに関する通告」という画面が出てきますので「確認&続行」をクリックしてください。

③「確認&続行」をクリックすると下記の画面になりますので、あとは順番通りに進めていくだけです。全部でSTEP1~STEP6までの項目を入力していくだけです。では順番に解説していきます。

ESTA

<STEP1>免責事項
①免責事項
下記画面の免責事項を読み、記載内容に合意できたら「はい」に印をつけてください。印をつけると画面が下に進んでいきます。
※合意できない場合は「いいえ」を選択しますが、その場合は申請ができません。

ESTA

②The Travel Promotion Act of 2009
ここでも下記画面の記載事項に合意したら「はい」を選択し「次へ」をクリックしてください。

ESTA

<STEP2>申請者の情報
ここではパスポートが必要になりますのでお手元に準備してくださいね。ここからは申請者本人の情報を入力していきますが入力時の注意があります。

入力はすべてローマ字、英語
入力はすべて半角英数字(全角英数字は不可)
・必須の回答は赤印)のみ

この3点に注意してください。回答は必須の回答()だけで大丈夫です。もちろん必須以外の項目に回答してもかまいませんよ。

では順番に解説していきます。

①申請者/パスポート情報
ここはパスポートを見ながらパスポートどおりに入力していきます。

(例)
名前:NIHON TARO(日本 太郎)
性別:男性
出生国:JAPAN(日本)
出生した市区町村名:Yokohama-shi(横浜市)
※渋谷区ならShibuya-kuとなります。

ESTA

ESTA

②別の市民権・国籍
基本的には「いいえ」だと思いますが、他の国籍がある場合は「はい」を選び、国籍を入力します。

③GEメンバーシップ
いいえ」の方が大半だと思いますが、メンバーであれば「はい」を選択を選び、メンバーシップ番号を入力します。

④両親
ご両親が亡くなっている場合でもしっかり記入しましょう。名前がわからない時は「UNKNOWN」と記入しましょう。

ESTA

⑤あなたの連絡先情報
ここでは住所等を入力していきます。

(例)
住所:神奈川県横浜市緑区青砥町1-2-3 青砥マンション101号室

ESTA

⑥勤務先情報
ここでは現在の勤務先を入力します。現在就業中の場合は「はい」を選択して、勤務先情報を入力します。※過去に就業経験がない方は「いいえ」を選択するだけです。

(例)
会社名:ABC株式会社
住所:東京都中央区日本橋箱崎町1-2-3

ESTA

入力が終わったら「次へ」をクリックしてください。

<STEP3>渡航情報の入力
続いて渡航情報を入力していきます。

①米国への渡航目的
まず最初にアメリカへの渡航目的が他国への乗り継ぎのためかどうかを聞かれます。アメリカ旅行の場合は「いいえ」を選択します。乗り継ぎで他国へ行く場合は「はい」を選択してくださいね。

②米国内の連絡先情報
次にアメリカでの滞在先を入力します。ほとんどの方はホテルだと思いますので、滞在するホテルの情報を入力してください。※知人宅などに滞在する方はその情報を入力です。

(例)
ホテル名:The Westin Cleveland Downtown
住所: 777 St Clair Ave NE, Cleveland, OH 44114 アメリカ合衆国
電話番号:216-771-7700※もし滞在するホテルの詳細がわからなければ、パソコンでホテル名を検索するか、グーグルマップなどにホテル名を入力すれば必ず出てきますので安心してくださいね。

③米国滞在中の住所
こちらは②の米国内の連絡先情報で入力したホテルと同じであれば画面内のチェックボックスにチェックを入れれば自動で入力されます

④米国内および米国以外の緊急連絡先情報
ここではご自身の緊急時に連絡してほしい人の情報を入力します。日本にいる家族、友人などでかまいません。

ESTA

すべて入力したら「次へ」をクリックしてください。

<STEP4>適格性に関する質問
ここでは質問に「はい」か「いいえ」で答えていきます。ほとんどの方は「いいえ」のみだと思います。

①適格性についての質問
質問に対してプルダウンから「はい」か「いいえ」を選択します。

ESTA

②権利の放棄
(1)申請内容に関する証明
記載事項に合意したらチェックボックスにチェックを入れます

(2)第三者による代理申請の場合に限定
申請者本人の代理で申請を手続きをしている場合は記載事項に合意したらチェックボックスにチェックを入れます。※申請者本人が自身で申請手続きをしている場合はチェックを入れなくて大丈夫です。

ESTA

チェックを入れたら「次へ」をクリックしてください。

<STEP5>申請内容の確認
もう一息で申請完了しますのでがんばってくださいね。
ここでは、これまでに各STEPで入力してきたことの最終確認です。

①あなたの申請内容の確認
それぞれのSTEPで入力した情報を「」をクリックしてすべて確認します。もし、変更や誤りがあれば「申請内容の内容を変更する」をクリックして変更・修正してくださいね。

ESTA

誤りがなければ「確認&続行」をクリックします。クリックすると「申請内容確認済み」という文字が表示されますのでそれぞれの内容を「」を押して確認し、すべての項目を確認して「確認&続行」をクリックしてください。すべて「申請内容確認済み」という文字が出たら「次へ」をクリックしてください。

ESTA

「次へ」をクリックすると先ほど確認しなかった「検証」の項目を入力する画面になります。ここでは再度パスポート情報をパスポートの記載の通り入力します。

ESTA

パスポート情報を正しく入力したら、再度「次へ」をクリックします。

<STEP6>支払い
ここでは支払い手続きをします。支払い期限は1週間以内ですので忘れないためにも今すぐやってしまいましょう。

①支払い内容の概要
ここで免責事項を確認して合意したらチェックボックスにチェックを入れて今すぐ支払う」をクリックしてください。値段は$14です。

ESTA

②支払い方法を選択
ここでは支払い方法を選択します。「PayPal」電子決済、もしくはデビットカード、クレジットカード決済のどちらかを選択してチェックを入れます。ここではデビットカード、クレジットカード決済を選択します。※「PayPal」アカウントをお持ちの方は「PayPal」でも良いかと思います。

選択したら「続行」をクリックします。

ESTA

③クレジットカード情報の入力
最後にクレジットカード情報を入力して「支払いの送信」をクリックすれば申請手続きは完了です。おつかれさまでした。

④申請手続き後にメールが届く
支払いが完了したら登録したメールアドレスに申請手続き完了のメールが届きますので確認してくださいね。

ESTA(エスタ)申請手続き完了後

さあ無事に「ESTA(エスタ)」の申請手続きが終わりました。申請後はだいたいすぐに認証されて下記の確認画面が表示されます。登録したメールにも申請が認証されましたというメールが届きます。もしすぐに認証判定がおりなくても72時間以内に判定がおりますのでご安心くださいね。

ESTA

認証されたら無事に「ESTA(エスタ)」を取得できたということになります。そしたら次にやることはこの画面の右上にある「印刷」をクリックして万が一のためにアメリカへ旅行する際に持って行ってください。ありえないことですが入国の際に何らかの事情で「申請番号」を聞かれることがあるとのことです。必ず「ESTA(エスタ)」の「申請番号」を印刷するかメモに書くなりして、アメリカ旅行の際に持っていくことをおすすめします。

※2018年1月25日現在

まとめ

いかがでしたか?以外と簡単に「ESTA(エスタ)」の申請手続きから取得までできましたよね。

実はこの「ESTA(エスタ)」の制度ができて以来、“代行してESTA(エスタ)を取得します”という代行業者もたくさんあります。代行業者は高いところで1万くらいとるところもあります。

ただちょっとした英語をクリアするだけでこのように誰でも簡単にできる作業ですので、無駄な出費はしないで自分でちゃっちゃとやっちゃいましょうね。

では、アメリカ旅行を楽しんでくださいね。

Safe Trip!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。少しでもアメリカ旅行、クリーブランド旅行のお役に立てれば幸いです。

何かご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告