NBA オールスター 2018 スキルズ チャレンジ、3ポイント コンテスト、スラムダンク コンテストの結果

Staples Center

この記事では今年2018年2月16日から18日(日本時間2月17日から19日)までの3日間、アメリカのロサンゼルスで開催されているNBA ALL-STAR 2018の2日目、NBA ALL-STAR 201 Saturday Night(NBAオールスター2018 サタデーナイト)で行われた3つのイベント、「スキルズ チャレンジ」、「スリーポイント コンテスト」、そして「スラムダンク コンテスト」の結果をお知らせします。

さあ、今年2018年も毎年恒例のNBAのビッグイベント、NBA ALL-STAR 2018(NBAオールスター2018)が始まりました。

早速本日、そのNBAオールスター2018の2日目、サタデーナイトの3つのビッグイベント「スキルズ チャレンジ」、「スリーポイント コンテスト」、そして「スラムダンク コンテストが行われましたのでその試合結果と試合の模様をお届けします。

NBA All☆Star 2018 Saturday Night
@ Staples Center,Los Angeles,CA

Event Startイベント開始日時)>※開催日時は現地ロサンゼルス時間
2018/2/17/Sat/05:00PM(日本時間2018年2月18日日曜日午前10時

①NBA All-Star 2018 Skills Challenge(スキルズ チャレンジ)
②NBA All-Star 2018 Three Point Contest(3ポイント コンテスト)
③NBA All-Star 2018 Slam Dunk Contest(スラムダンク コンテスト)

放送および視聴方法

・この試合は「WOWOW」で日本時間2月19日(月)午前12時~録画放送されます。「WOWOW加入」についての詳細はこちらのWOWOW公式サイトを参照してください。再放送は2月19日(月)午前10時45分から。

・この試合は今シーズンから楽天が導入した「Rakuten NBA Special」で生放送されました。この「Rakuten NBA Special」に加入すると録画放送をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらの楽天公式サイトを参照してください。

・この試合は「NBA League Pass」で生放送されました。この「NBA League Pass」に加入すると録画放送(試合はノーカット※ハーフタイムとタイムアウトはカット)をいつでも好きな時(VOD)に視聴することができます。詳しくはこちらのNBA.COM公式サイトを参照してください。

★併せてNBA視聴チャネル「WOWOW」・「Rakuten TV」・「NBA League Pass」を比較したこちらの記事も参考にしてくださいね。

 ①Skills Challengeスキルズ・チャレンジ

まずは本日のNBAオールスター2018の2日目、NBAオールスターサタデーナイトで行われた1つ目のイベント、「スキルズ チャレンジ」の結果をお届けします。

スキルズチャレンジ出場選手こちらの記事を参照してくださいね。

ガードとフロントコートの選手の対決となって今年2018年のNBAオールスターで3度目になった「スキルズチャレンジ」は、昨年2017年のオールスターと同じく、トーナメントによる1対1の勝ち上がり方式です。ガードの4選手とフロントコートの4選手がそれぞれドリブル、パス、レイアップまたはダンク、そして3ポイントシュートの技術を競い合います。

今回2018年オールスターの「スキルズチャレンジ」の決勝に勝ち上がったのは、ガードブロックからはブルックリン・ネッツ所属のスペンサー・ディンウィディー、そしてフロントコートブロックからはシカゴ・ブルズ所属のラウリ・マルッカネンとなりました。

決勝での両選手の対決は、最初のドリブルはほぼ互角で通過しました。しかしパスでマルッカネンが失敗。一方のディンウィディーはミス無くパスを通過して、その後のレイアップシュート、そして最後の3ポイントショットも2投目で決めて、見事ディンウィディーが初優勝を果たしました

スキルズチャレンジのハイライト動画

おめでとう、スペンサー・ディンウィディー!!!!!

Three Point Contest3ポイント・コンテスト

続いて本日のNBAオールスター2018の2日目、NBAオールスターサタデーナイトで行われた2つ目のイベント、「3ポイントコンテスト」の結果をお届けします。

3ポイントコンテスト出場選手こちらの記事を参照してくださいね。

3ポイントコンテスト」は、5つのボールが入ったラックを3ポイントラインに沿って5箇所に配置し、制限時間1分間で合計25本の3ポイントを放ち、そのスコアを競うイベントです。試合は2ラウンド制で予選ラウンドの上位3名でチャンピオンシップラウンドを競います。通常ラック4基は、通常のオレンジボール(1点)4つとマルチカラーのマネーボール(2点)1つですが、スペシャルラック1基は5つすべてがマネーボールとなります。スペシャルラックは、各選手が好きな箇所に置くことができます。最高得点は34点(1点ボール16個、2点ボール9個)となります。

☆予選ラウンド☆
トバイアス・ハリス(LAC)18 ⇒ファイナルラウンド進出
②ウェイン・エリントン(MIA)17
③ポール・ジョージ(OKC)9
デビン・ブッカー(PHX)19 ⇒ファイナルラウンド進出
⑤カイル・ラウリー(TOR)11
⑥ブラッドリー・ビール(WAS)15
クレイ・トンプソン(GSW)19 ⇒ファイナルラウンド進出
⑧エリック・ゴードン(HOU)12

☆チャンピオンシップラウンド☆
①トバイアス・ハリス(LAC)17
デビン・ブッカー(PHX)28 優勝
⑦クレイ・トンプソン(GSW)25

今回の2018年オールスターの「3ポイントコンテスト」のチャンピオンシップラウンドに勝ち上がったのは、地元ロサンゼルス・クリッパーズのトバイアス・ハリス、フェニックス・サンズのデビン・ブッカー、そしてゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンでした。

そしてブッカーがチャンピオンシップラウンドで28得点を記録して見事初優勝を飾りました

前回王者のエリック・ゴードンは予選ラウンドでわずか12得点と残念ながら予選で敗退してしまいました。

3ポイントコンテストのハイライト動画

おめでとう、デビン・ブッカー!!!!!

Slam Dunk Contestスラムダンク・コンテスト

最後に本日のNBAオールスター2018の2日目、NBAオールスターサタデーナイトで行われた3つ目のイベント、「スラムダンクコンテスト」の結果をお届けします。

スラムダンクコンテスト出場選手こちらの記事を参照してくださいね。

スラムダンクコンテスト」はファーストラウンド、決勝ラウンドの2ラウンド制で行なわれます。出場する4選手は、それぞれのラウンドでダンクを2回披露し、5名のジャッジによる採点(1人の持ち点は6~10点、最高50点)で勝者が決定します。ファーストラウンドで上位2位に入る得点をマークした選手が決勝ラウンドに進出し、前ラウンドと同様に決勝ラウンドでもダンクを2回披露し、合計得点で勝った選手が優勝となります。

スラムダンクコンテストの出場選手紹介動画

☆ファーストラウンド(1回目)/(2回目)/合計☆
ドノバン・ミッチェル(UTA)48/50/98 ⇒決勝ラウンド進出
②ビクター・オラディポ(IND)31/40/71
③デニス・スミスJr.(DAL)39/50/89
ラリー・ナンスJr.(CLE)44/49/93 ⇒決勝ラウンド進出

スラムダンクコンテストのファーストラウンド1回目のハイライト動画

スラムダンクコンテストのファーストラウンド2回目のハイライト動画

☆決勝ラウンド(1回目)/(2回目)/合計☆
ラリー・ナンスJr.(CLE)46/50/96
ドノバン・ミッチェル(UTA)50/48/98優勝

スラムダンクコンテストの決勝ラウンドのハイライト動画

今回の2018年オールスターの「スラムダンクコンテスト」の決勝ラウンドに勝ち上がったのは、クリーブランド・キャバリアーズ(元ロサンゼルス・レイカーズ)のラリー・ナンスJr.、とユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルでした。

そしてドノバン・ミッチェル決勝ラウンドでは、2000年のダンクコンテストで優勝したカーターが披露したダンクを完璧にコピーするなどで、合計98得点を記録して見事初優勝を飾りました

スラムダンクコンテストの決勝ラウンドのハイライト動画

おめでとう、ドノバン・ミッチェル!!!!!

NBAオールスター2000 スラムダンクコンテストでのビンス・カーターの全ダンク動画

まとめ

NBAオールスター2018も2日目のサタデーナイトのイベントが終了し、残り1日となりました。

本日行われたサタデーナイトの各イベントでは、選手がオールスターにふさわしい素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれ、ファンを楽しませてくれました。

さすがプロフェッショナル、そしてエンターテイメント性も兼ね揃えたパフォーマンスでしたね。

残すは日本時間明日2018年2月19日月曜日のNBAオールスター2018の目玉イベント、チーム・レブロン対チーム・ステフィンNBAオールスターゲーム2018のみとなりました。

明日も素晴らしいプレイを必ず魅せてくれるはずです。

ではまた次回。

スポンサーリンク
広告