アメリカ旅行のおすすめのお土産、「薬」編

drugs of America

この記事ではアメリカのオハイオ州にある都市、クリーブランドへ旅行に行った際におすすめのお土産を紹介します。

私もそう感じるのですが旅行に行くとなにかと面倒なのがお土産選びですよね。家族、恋人、友達、そして職場などなどお土産を買っていく相手は様々です。

何を買うか決まっている人やこれを買ってきてほしいと人からリクエストされている方は現地で迷う必要があまりないかと思いますが、まだ何にもお土産が決まってないという人におすすめのお土産を紹介します。

Walmart(ウォルマート)

まずは買う場所が重要です。

お土産選びに迷ったらまずここに行ってください。必ず良いものが見つかります。

知っている人も多いかと思いますが、大型スーパーマーケットチェーンのWalmart(ウォルマート)です。アメリカのどの州にもありますのでクリーブランドに限らずこの場所は使えます。

クリーブランドにあるウォルマートについての詳しい内容、場所・店舗、およびアクセス方法などについては、こちらの記事に載せてますので参照していただければと思いますが、簡単に言いますと日本のドン・キホーテやコストコみたいな大型量販店です。日用品からなんでも揃います。銃も売ってます(笑)。笑いごとでもないのですがさすが銃社会というか、だから銃犯罪がなくならないのかとも思います。気軽に手に入れられすぎです。

まーとにかくドンキのようになんでも売っているということです。

薬(鎮痛剤・頭痛薬)

まずおすすめしたいのがです。ウォルマートの中には薬も売られています。もちろん処方箋がいる薬は買えないのですが、普通に誰でも購入できる薬はお菓子のように棚に陳列されています。

まず紹介する薬は「Advil Liqui-Gels」という鎮痛剤です。これが以外と喜ばれるお土産です。特に女性で生理痛が酷い人には重宝するアイテムです。もちろん日本にも様々な鎮痛剤がありますがアメリカの薬は非常に成分が強いのですぐ効きます。ですのでもし周りに生理痛がひどい女性などがいましたら是非買っていってあげてください。鎮痛剤ですのでもちろん発熱の際にも解熱剤になります。値段は160粒入りで13ドル(約1,500円)くらいです。

Advil Liqui-Gels

160粒入りで約13ドルです。1回1錠ですので結構長持ちします。

次に紹介する薬は「EXEDRIN MIGRAINE」という頭痛薬です。この薬は頭痛の際に特に効く鎮痛剤です。普通の鎮痛剤としても使えますが特に頭痛に効きます。ですので頭痛持ちの方へあげると喜ぶと思います。実際私も頭痛持ちなので重宝しています。もちろん日本にも頭痛薬はありますがやはりこのアメリカの頭痛薬は成分が強いので効きが早いです。値段は80粒入りで10ドル(約1,100円)くらいです。

80粒入りで約10ドルです。1回1錠ですので結構長持ちします。

まとめ

今回はおすすめのお土産としてアメリカで売られている薬鎮痛剤頭痛薬を紹介させていただきました。Walmart(ウォルマート)ではもちろんこれ以外にも総合風邪薬やサプリメントなども充実しています。またウォルマートでなくても滞在先の近くにドラッグストアなどがあればそこで購入しても良いと思います。ただウォルマートのほうが安く購入できます。

お土産に困ったらこういう薬をお土産として渡すと喜ばれると思います。また自分用にも良いですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。少しでもクリーブランド旅行のお役に立てれば幸いです。

何かご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

スポンサーリンク
広告