クリーブランド旅行

Voinovich Bicentennial Park

行ってみたかったクリーブランドへ出発!

日本からクリーブランドまでは、直行便がないので乗り継ぎをして行きます。

出発地は成田空港か羽田空港で迷いましたが、近くて便利な羽田空港に決めました。
ただし、成田発の航空券のほうが若干安いですが・・・。
まー成田空港までの交通費を考えると、さほど大した差はないです。

直行便運行して~

経路は羽田空港→ロサンゼルス→クリーブランド・・・
乗り継ぎ時間も含めて24時間くらいかかります。
直行便導入して欲しい~!
って言っても、ニューヨークやロサンゼルスのようにメジャーな都市でもないので、我慢するしかないです。

とほほ・・・・

エコノミクラスーの悲しいところ・・・

てことで、まずは羽田空港でチェックイン手続きをします。
旅行慣れしている方は共感できる方もいるかと思いますが、座席は通路側が好きです。
なぜなら、トイレに行きやすいからです。
窓側の座席だと席を立つ際に、もし隣の人が寝いたら気まずいですし、気を遣います。
また、国際線だとフライト時間も長いので、トイレ以外にも、ストレッチもしたくなります。

ですので、席を立つのに気を遣わない通路側がお勧めですよ。

まー外の景色を見たり、写真を撮りたいという方は窓際を選択してくださいね。
通路側から乗り出すように窓の外を見ると、隣の人に、ウザいと思われてしまいます。笑

・・・ちなみに通路側をお勧めする理由は、あくまでエコノミークラスの場合ですので、ファーストクラス、ビジネスクラスの方は気にしなくて大丈夫だと思います。

失礼しました。笑

余談ですが、機内の非常口のところの座席が空いていればラッキーです。
足もめいいっぱい伸ばせて最高です!
ただ、万が一非常口を使う緊急事態の際には、フライトアテンダントのお手伝をすることに同意します。

非常口座席

非常口座席

たかっ?!

座席も決まったことで、フライトまで時間があるので、腹ごしらえをします。

めちゃめちゃ腹が減っていたので、羽田空港国際線ターミナル内にある焼肉チャンピオンで焼肉を食べることにしました。
ところで、空港の中ってレストランがいっぱいありますけど、あの値段設定はなんでしょうね?!

ラーメンやカレーでも1000円以上しているし・・・・・・・。

でも、結構並んでいるんですよね。

普段、1000円出してラーメンやカレーを食べる人は多くないと思います。

では、何故並んでまで食べるのか考えてみると、海外に行くと日本食が恋しくなるので日本食を食べておこうという人が多く、その中でほとんどの人は、旅行に行くのでテンションが上がっていて金銭感覚が麻痺しちゃっているんでしょうね。

私も以前そうでした。笑

まー旅行に行くのですから、けちけちするよりは全然良いと思います!
でも、あの値段設定って上手く顧客の心理をついていると思いませんか?!
すげー儲かってるんだろうな~。
・・・ちなみに食べた焼肉はセットで2,000円ほどでしたよ!

食った~。

腹ごしらえもしたところで、ではでは行ってきます!

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告